スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:当たり判定

2007年03月25日

弾の発射と爆発エフェクトも実装し終わって、次は当たり判定を入れてみました。
敵となるもう一台のタンクを載せて、自機対敵の当たり判定をやったのですが、ここでもXNAの凄さを実感。
コリジョンは球で判定しようと決めていたのですが、XNAにはコリジョン用の型があります。
BoundingSphere型は、球の位置を示すCenterと、球の半径を示すRadiusを持っています。
判定はIntersectsを使ってターゲットとなるBoundingSphereと判定を行い、接触していれはTrueを返すといった感じです。

簡単すぎてすぐに仕上がりました。XNA恐るべし

スポンサーサイト

XNA:XNAのアップデートが来る!

2007年03月10日

4月にXNAのアップデートが行われるらしいです。
以下、XNA Japan Team Blogに掲載されていたアップデート予定の項目。

・Windows Vistaに正式対応
 時期的に必須の項目だったのだと思います。

・アイコンが追加できるようになった。
 多分ウィンドウのアイコンと、360上でのメニュー用アイコンの事だと思います。

Xbox 360 プロジェクトを全てターゲットの Xbox 360 に対して差分転送。
 360へのデータ転送を早く終わらせるために、変更されていないデータの転送はスキップされるということだと思います。今までは、最後に転送したプロジェクトだけスキップ機能が働いていて、それ以前のプロジェクトは丸々転送しなおしだったということらしい。

・ビットマップフォントクラスをサポート
 やはり来ました。これで文字列描画関係の問題は一掃できそうです。

・XACTが3Dオーディオに対応。
 HDオーディオ時代には、もはや必須ということなのでしょう。

・数学関係ライブラリの改善と機能追加。
 演算パフォーマンスの向上と便利な命令が増えたのだと思います。
 まだmath関係の命令はあまり使ってないのですが、コリジョン関係とかの命令はさらにリッチにして欲しいです。(HSPでゲーム作ってる時にコリジョン関係で泣かされた、、、

・BasicEffectがパーピクセルライティングをサポート。
 BasicEffectがパワーアップするんですね、、、、、ハァハァ

・ボリュームテクスチャをサポート
 雲とかボリューメトリックフォグの表現力向上できる?

・コンテンツビルドをキャンセルできるようになった。
 キャンセルしたくなるほどビルドに時間がかかる人がすでに居るってことですね、、、

・クリーンビルドをサポート

・Model型から、頂点バッファとインデックスバッファの情報が取得可能になった。
 頂点を弄って色々したい人用ですね~ ワシはまだ使いそうにありません(汁

ゲームにサムネイルを埋め込んで360上で表示可能に

・セキュリティキーを設定する際のミス防止機能

・PC⇔360間の通信テスト機能

・クリエイターズクラブの会員同士なら、ソースコードを公開する必要なく、パッケージングされたゲームインストール用データのみの交換だけで、ゲームを実行できるようになった。

・上記のパッケージをインターネット上にアップして配布可能に

・360用のパッケージはPC上でパッケージファイルを実行させるだけで、360にデータをインストールできる。

・その他色々
 色々、、、、、、ハァハァ


こりゃ4月のリリースが楽しみです。

ファンタシースターユニバース

2007年03月07日

先週の事なのですが、ヤフオクで「ファンタシースターユニバース」を買いました。
本当はWin版が欲しかったのですが、私の使っているPCでは多分満足に動かせないと思ったので、安定して動くPS2版にしました。
PS2のゲームを買うのは久しぶりで、ここ2年ぐらい買った覚えがありません(ゲームはXBOXがメインなもんで、、)

PSUは去年の夏にリリースされたゲームなので、比較的最近のゲームだと思うのですが、PS2もまだまだ現役だな~と思わせるクォリティを出してますねぇ
しかしメモリ(VRAMも)の少なさから、少し気になる部分があって、戦闘中でもDVDからデータを読み込んでいる場面が多々ありました。この辺はしょうがないところですね。

XBOX(初代)もPS2ぐらいしぶとく(市場が)生きながらえてくれればよかったのに、、、、


XNA:XNA Creators Club Online

2007年03月06日

なにやら、「XNA Creators Club Online」というサイトがオープンした模様。
サンプルコードやら、ビデオチュートリアルがありました。
さらに、「Marblets」というパズルゲームのスターターキット(Win、360両方)もありました。
サンプルコードはビルボードや簡単なアニメーションメッシュなどなど。

あと、プログラミングコンテストが行われるらしいです。
優勝者には、XBOX Live アーケードでのソフトの配信権が得られるみたいです。

XNAを使ってゲーム制作をされている方にはオススメのHPです。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。