スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月1日~8月31日分 アクセス解析結果

2008年09月22日
すっかり忘れてました(汁
今回で3回目になります、XNA関連の検索キーワードランキングの8月分です。

***もはや定型文***
キーワード検索のTop5を記載しようと思いますが、「XNA」や「xna」などの大文字小文字の違いも別々のキーワードとしてカウントしているので、その辺は上位だけ記載します。
検索カウントが同じ同位のキーワードに関しては、管理画面に記載されている順位(おそらく先に検索されたキーワードが上位)に従って記載します。
それでは、5位から順番に書いていきます。
***文型定やはも***

第5位 「XNA ビルボード」 検索数:7
ビルボードで煙とか爆発とか作ってた時の日記にヒットしたんだと思います。
ビルボードは古くから良く使われてきたテクニックの一つですが(DOOMとか)枚数が数百とか数千とかになると、すごい迫力を演出する古の魔物です。

第4位 「アニメーション」「Microsoft XNA3Dゲーム制作入門」 検索数:10
アニメーションモデルの情報を探すためのキーワードですね。↑の本の最後の方の章は、たしかモデルアニメーションの解説だったと思います(うろ覚え)

第3位 「XNA3.0」 検索数:11
こないだのゲームフェスタ2008で3.0に関する新しい情報がもたらされました。
XBOX Live対応のゲームで「フレンドをゲームに誘う」とか、「Aさんが○○で対戦中」とかいうステータス表示の事が明らかになったようです。
その後、すぐにXNA3.0βもリリースされて、WIN、XBOX360、Zuneの3プラットフォームでの開発が可能になっています。たしかVS2008ExpressEditionが必要だったと思います。

第2位 「Game Studioで始めるゲームプログラミング」 検索数:12
国産XNA本の代表格です。目次で各章どんな事がレクチャーされているのか調べたかった人の検索だと思います。

第1位 「XNA」 検索数:128
今月も「XNA」での検索が圧倒的数値で1位です。
とは言っても、先月の数字は230ぐらいだったので、100ほど減衰しています。

以上、2008年8月分のXNAキーワード検索ランキングでした。
スポンサーサイト

XNA:三面図

2008年09月12日
新しく増やそうと思っているモデルの三面図を書いてみました。
XNA_20080912_1.jpg
モノは対戦中のアリーナ上空から戦闘を撮影するライブカメラです。
HALOに出てくるギルティースパーク、パーフェクトダークゼロに出てくるスパイカムっぽいヤツだと思ってください。
で、このライカメ君(たった今命名)から見た映像はステージ脇にある実況モニターに映されるという感じになる予定です。

初めて真面目に三面図を書きましたが、もうちょいディテール部分を描いてからモデリング作業に入ろうと思います。

とまあ、こんな感じで毎度おなじみ「ヌメヌメ」と作業しております。

id software と、Quakeシリーズ

2008年09月10日
先週、久々にSteamを立ち上げたら、id softwareのゲームが50%OFF!!という広告が出ていて、前々からほしかったQuake(初代)が9.95ドルから半額になっていました。
せっかくだから、これを期に買うぜと思ったら、Quakeシリーズ(4だけ無し、追加シナリオは込み)のセットが14.95ドルだったので、5秒悩んだ末にこっちの方を買いました。
早速今更ながら未経験のQuake1からプレイ。ファーストリリースは1996年だったはずなので、実に12年前のゲームです。
しかしながら、12年の年月をまったく感じさせない素晴らしいゲームで、スピーディかつ凄まじい緊張感を味わう事ができました。
GLQuakeはまだ手を出してないのですが、ソフトウェアレンダリングの画像も味があってイイですね。
当時の私のPCでは絶対無理だったであろうXGA解像度でプレイしましたw

結局Quakeにハマりこんでしまい、今日ラスボス撃破しました。
倒し方が判らずに、最後だけWebの情報を拝借しましたけどww

いやはや、良作は何年経っても良作なんですね。

XNA:訓練してみました教官殿

2008年09月09日
かるがもさんから色々と助言をいただいた上に、メタセコイアでの操作方法まで調べてくださって、大変感謝です。ありがとうございました。

早速自機タンクのモデルを修正してみました。
まずは、斜め上からのSS
修正前タンクSS1修正後タンクSS1
左側が今までのタンクです。右が全面フラットシェーディング化+要所ベベル(値6.0)です。

次に、ゲーム中でおなじみのバックショットのSS
修正前タンクSS2修正後タンクSS2
ベベルで頂点が増えているので、テクスチャのUV値がロストしてしまっているので、この辺の作業がまた必要になってきました。
あと、もっと金属質的な光反射になるようにマテリアルの値を調整も必要ですね。
せっかくベベルで角を取ったのに、光の反射が柔らかいとスムースシェーディング的に見えて本末転倒ですし(汁

XNA:XNA TANK作業進捗動画

2008年09月07日

久しぶりに動画で作業進捗をします。
ウィンドウズムービーメーカーを初めて使ったのですが、直感的で使いやすかったです。
1分も無い短い動画ですが、感想など頂けるとうれしく思います。
追記:動画の質が悪すぎたので、ビットレートを上げて作り直しました。

XNA情報:クリエイターズクラブ新サンプル3種追加

2008年09月04日
XNAクリエイターズクラブにて、新しいサンプルが3種類追加されています
・Artificial Intelligence: Flocking(群れて行動するAIのサンプルっぽいです)
・Shadow Series 1: Basic Shadow Mapping(基本的な影生成サンプルだと思います)
・Shader Series 5: Multipass Lighting(マルチパスレンダリングでのライティングサンプルと思われ)

詳しくはXNAクリエイターズクラブのニュースリリースを参照してください

XNA情報:アクションゲームツクール発売決定

2008年09月04日
本日多数のゲーム系情報サイトで発表があった「アクションゲームツクール」が正式に発表されました。Windows用ソフトになるようで、発売日は2008年12月12日予定。価格は10290円です。
私が以前に噂レベルで聞いた話では「RPGツクール」の新版という話だったのですが、アクションゲームツクールは特にジャンルに縛られない自由なコンストラクションが期待できそうです。

アクションゲームツクールで作成したゲームは、XNAコードを含む多数のコードにコンバートすることができ、細かい部分の製作はプログラミングレベルで仕上げると言った感じになりそうです。
XNAを含む複数タイプのコードを吐けるので、当然XBOX360実機でのプレイも可能だと思います。(要クリエイターズクラブメンバーシップ)

昔、MSXというパソコンで「DANTE」「DANTE2」「吉田建設」「吉田コンツェルン」といった、ゲームコンストラクションツールを触ったのがきっかけで今に至るのですが、アクションゲームツクールがまたゲームコンストラクションツールの歴史を塗り替えそうな気がします。
ちなみに拙者はシューティングツクール98と3Dシューティングツクールにも手を出した過去があります(汁

以下に書くメディアの記事のリンクを貼っておきます。
ファミ通:作ったゲームはXbox 360でもプレイ可能――『アクションゲームツクール』の発売が決定
GameWatch:エンターブレイン、WIN「アクションゲームツクール」誰でも手軽にXbox 360用ゲームも作れる「ツクール」シリーズ最新作
4Gamer:「Gamefest Japan 2008」開催。より広く,より高度で,より新しく,マイクロソフトが目指すゲーム開発の世界

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。