スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月1日~1月31日分 アクセス解析結果

2009年02月25日
今月は28日までなので、すでに月末となっています。またしてもアクセス解析結果レポートを忘れるところでした(汁
毎月月末になると思い出すので、「月末にしたら?」という神からの啓示でしょうか?w

***もはや定型文***
キーワード検索のTop5を記載しようと思いますが、「XNA」や「xna」などの大文字小文字の違いも別々のキーワードとしてカウントしているので、その辺は上位だけ記載します。
それでは、5位から順番に書いていきます。
***文型定やはも***

第5位:「XNA 本」 検索数:5
和書のXNA解説本も結構数がでてきました。
発行されている本の数が増えれば、どの本が自分にとって一番イイのか調べる必要が出てくると思います。
専門書は高いので、その分購入前の下調べも重要度が高くなります。

第4位:「XNA アニメーション」 検索数:7
XNAで3Dモデルをアニメーションさせたいと思う方は多いと思います。
一言で「アニメーション」と言っても、モーションブレンドとか、IKがどうのこうのとか、色々と調べる必要があると思います。
XNA TANKではアニメーションする3Dモデルは一切使わない方針で製作しているので、2作目以降に勉強して使ってみたいなと思います。

第3位:「XNA3.0」 検索数:8
殆どの方はすでに3.0に制作環境を移行していると思います。
3.0で追加された新機能や、変更のあったメソッドに関するドキュメントは必読です。
最近、3.0のヘルプリファレンスの日本語版がリリースされたので、この辺りのドキュメントも読みやすくなったと思います。

第2位:「XNA 当たり判定」 検索数:17
当たり判定の処理は、「当たったか?」の判定は簡単なのですが、その後の処理はプログラマーの自由なので、「どうやるのが一般的なのか?」と疑問に思う方も多いと思います。
XNA TANKの場合は当初「当たったら跳ね返る」的な処理をするつもりだったのですが、反射角の計算やらなんやらが面倒だったので、最終的には
「当たったら移動前の位置に戻す(動かなかったことにする」
という処理にしました。相当手抜きしたと思っています。反省はしていません(汁

第1位:「XNA」 検索数:141
不動の1位である「XNA」です。
ちなみに、Googleで検索すると、1ページ目のギリギリ最後の方に「XNA奮闘記」が出てきます^^

以上、2009年1月分の検索キーワードランキングでした。

スポンサーサイト

XNA:プレイヤーエントリー画面 完成?

2009年02月20日
プレイヤー1用のエントリー画面(ビューポート)がまあまあの出来で完成したので、残る2~4プレイヤー用のビューポートを作ることに。99%プレイヤー1ビューポートの複製なので、事はすぐに終わりました。

「まだ終わらんよ」

と、どっかの赤いニュータイプの人の怨念でしょうか? 問題発生です。
プレイヤー1用のビューポートに表示しているタンクだけチラつきが出るようになりました。
問題はここからさらに拡大します。
タンク選択中はタンクが回転しているのですが、2~4Pのタンクも回転させるとチラつきがでました。

原因部分の予想は大体わかっているのですが、1P用ビューポートだけの時のみ正常に動作しているのが気になります。

チラついているだけで機能的には動作しているので、このまま作業を続行することにしました。
あとは、選択したタンクをマルチプレイ時に反映させるだけなので、次はこの作業をします。

いずれ、最後の作業「バグ取り」が待っている運命

こ の バ グ の 命 、 そ れ ま で 預 け て お く !

XNA:プレイヤーエントリー画面(途中その2)

2009年02月15日
今日はエントリー画面の背景画像を作ったので、早速表示させてみました。
XNA_20090215_1.jpg
まあ、、、無難というかなんというか、、、、、

あとは、プレイヤー2~4のビューポートに同じ処理をして、選択したタンクでマルチプレイが出来るようにしてやれば、一応プレイヤーエントリー画面は完成です。

XNA:マルチプレイ用プレイヤーエントリー画面(途中)

2009年02月15日
プレイヤーエントリー画面を作っている最中に、やる気パワーが減退していたり、風邪を引いたり、パーフェクトダークゼロの実績解除に燃えていたり、最近ではFarCry2が面白すぎてXNA TANKの作業が停滞どころかストップしていたのですが、久々に少しだけ作業をしたので進捗を書きます。

XNA_20090214_1.jpg
↑の画像はプレイヤーエントリーのタンクセレクト画面のプレイヤー1のビューポートだけ表示している状態のモノです。
キー左右でタンクを選択しAボタンで決定すると、エントリー完了です。

XNA_20090214_2.jpg
↑の画像はエントリーが完了している状態の画像です。
Bボタンを押すとエントリーをキャンセルしてタンクをセレクトしなおせるようになります。

XNA_20090214_3.jpg
プレイヤーエントリー画面では、タンク選択のコードをテストする必要があったので、色違いのタンクを急遽こしらえました。
単にタンクの赤の部分のマテリアルカラーを青にしただけですが、なんか青色カッコイイぞ!
ぱっと連想したのが、ボトムズのクメン編に出てきた「ブルーAT」です。イプシロンが乗ってた「スナッピングタートル」の事ですが、カッコイイですね、、、、オラなんだか萌えてきたぞ!

FarCry2購入

2009年02月11日
先日、Amazonで注文していた「FarCry2」が届きました。
発売前から狙っていたのですが、貧乏生活全開だったので指を咥えて発売日を見逃すことに、、
で、こないだAmazonでFarcry2の値段を見てみると、、、

と、、、ジワジワと値を下げ続け、ついには50%OFFになっていました。(数日だけ51%OFFまでいってました)
同時期に超大作「FallOut3」が出たのもあり、Amazonには大量に在庫が残ってしまったようです。
初回限定特典が未だに残っている様子から、かなり初回分の在庫が残っているのだと思います。

3時間ほどプレイした感想なのですが、結構シビアな感じです。
・画面に銃の照準(クロスヘア)が無い
 狙って撃つ時は銃身で狙うような視点に切り替わります。

・マラリアの脅威
 主人公はゲームが始まって早々、マラリアでぶっ倒れます。ゲーム中に薬が手に入るのですが、無くなると「薬を得るためのクエストを早くやらないといけない」ことに。

・道路の要所要所に監視所があり、問答無用で攻撃してきます
 監視所を制圧して安全を確保した後でも、しばらく経ってから同じところに行くと敵さんが復活しています。当然襲われます

・仲間(バディ)が救援可能な時は、プレイヤーが倒された時に安全な所まで運んでくれます
 しかしながら戦闘は継続中なので、急いで回復注射をしてバディと一緒にその場を制圧しなくてはいけません。またバディも倒される時があるので、自分の持っている回復注射で治療してあげないといけません。(回復と間違ってトリガーボタンを押してしまい、1人バディを殺してしまいました、、、)

・武器の購入時はダイヤで取引
 FarCry2の世界では札束に価値はありません。全てはダイヤ(の原石)で取引が行われています。ミッションの報酬や、各地に隠されているダイヤを集めて武器を買ったり、アップグレードしたりします。

・拾い物の武器はよく壊れる
 拾い物の銃は粗悪品が多く、手入れもされずに錆びまくっています。当然動作不良をおこし、排莢されずに引っかかってしまう「ジャム」が度々起こります。
挙句の果てには、撃ったとたんに銃身が爆発して壊れてしまうものまであります。

FarCry2は過酷な世界を体験できる緊張感のあるゲームです。私は特に夜間に敵の集落を襲うタイプです、、、、ハァハァ

Live対戦では、マップエディターで自作したマップで対戦できたりもします。
マップエディターは結構優秀なUIらしいので、マップエディターを作る時が来たら参考にしようと思います。

 

病み上がりの1000キル

2009年02月10日
風邪もすっかり治り、XNA TANKの事を考え(ほったらかし?)つつ、パーフェクトダークゼロの実績解除に勤しんでいます。
昨日は「Dark OPSを100プレイする」が解除されました。

ちょうど今さっき、「10分だけ遊ぶか」と思ってルール「キルカウント」(いわゆるデスマッチです)でBot相手に鉛弾を撃ち込んでいたわけなのですが。

♪「1000キル(キルカウント)」と表示がでてきました。
やっとこさ1000キルできました。長い戦いでした、、、、
ちなみに、1000キルの実績解除で得られるゲーマースコアは30点です(汁

現在、パーフェクトダークゼロでの実績解除は29/50個、スコアは455です。
2007年の6月12日にXBOX360と一緒に購入したのですが、実に1年半の時間がかかっています。

マ・クベ大佐風に
「考えてもみたまえ、私が29個の実績を解除するのにかかった時間を。パーフェクトダークゼロは、まだ2年は戦える」

さてと、、、XNA TANKの作業をはよやらんと、、、、

風邪とヘッドショット

2009年02月03日
風邪を引いていました。先週の木曜ぐらいから喉が痛み出し、週末には地味な熱と倦怠感といった具合です。

今でも地味にプレイし続けている「パーフェクトダークゼロ」ですが、熱が下がって楽になった時に久々にローカル対戦(Bot相手)をしていました。
で、対戦が終わった時に、ひょこっと 「実績解除:1000キル(ヘッドショット)」

「あ~ 俺って1000人もヘッドショット当てたんだな~」と遠い目をしてしまいました。
Liveより、ローカルマッチでBot相手にプレイする事の方が多いので、ヘッドショットの犠牲者の多くはBotのはずです(汁

パーフェクトダークの実績はトータルで50個あるのですが、現在26個解除しています。
もうそろそろ「1000キル(キルカウント)」が出てきてもいいような気がするのですが、、、、先に1000ヘッドショットが出てきたので、何か違和感があります。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。