スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:Robot Game レビュー

2008年06月28日
Robot Gameをプレイしてみました。プレイ中に気が付いた点を書きます。

・シングルプレイモード(全2ステージ)
・ステージ内の敵(と沸いてくる敵)を全て倒すと、ステージクリア
・ステージ2の最後には、ボス的な奴が出てきた
・ステージ内に落ちているアイテムで「弾補給」「体力回復」
・武器も落ちている。ショットガン、ハンドガン
・武器は両手持ちで、同じ武器を両手に装備している。
・敵は5種類ぐらい。
・操作は、移動、旋回、攻撃、前方ダッシュ、武器切り替え、リロード
・上下のエイミングは無しで、初代DOOMみたいな感じのエイミング
・攻撃を受けるとよろける(よろけ中は攻撃不能)
・効果音が3Dサウンド
・対戦モードは、先に3回倒した方が勝ちというシンプルな内容
・対戦モードの自機は2種類(各二色つづバリエーションあり)から選べる

操作感は悪く無いですが、右アナログスティックの旋回動作がアナログでは無いので、スティックを大きく倒しても小さく倒しても同じ回転量で旋回しました。

ゲーム中にFPS値とレンダリング解像度と思われる「640×480」という表示と、CAMと書いてあるので、おそらく自機の位置ではなくカメラの位置を示すXYZ値が表示されています。

グラフィック部分は、法線バンプマッピングとかHDRとかステンシルシャドゥなどはありませんでした。
シンプルなシェーダーを使っているようですが、スペキュラーと思われる反射が金属感をイイ感じに出しています。

内容はシンプルですが全体がしっかりと作られていて、スターターキットとしては高級な感じがしました。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。