スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年6月1日~6月30日分 アクセス解析結果

2008年07月05日
XNA奮闘記にキーワード検索で来て下さった方々が、どのようなキーワードで検索をしたのかを確認するための管理画面があるのですが、今回はこの「キーワード検索」のランキングを発表したいと思います。

キーワード検索のTop5を記載しようと思いますが、「XNA」や「xna」などの大文字小文字の違いも別々のキーワードとしてカウントしているので、その辺は上位だけ記載します。
検索カウントが同じ同位のキーワードに関しては、管理画面に記載されている順位(おそらく先に検索されたキーワードが上位)に従って記載します。
それでは、5位から順番に書いていきます。

第5位 「XNA コリジョン」 検索数:3
コリジョン(当たり判定)に関しての情報を求めて検索されたようです。
以前に「XNAは当たり判定の処理が(Intersectメソッドがあるから)楽だというネタを書いたので、その辺の文字列がヒットしたのだと思います。

第4位 「XNA 書籍」 検索数:3
海外では結構な数が出ている「XNA本」ですが、日本国内の和書は知っている限りでは4冊だけです。
新しいXNA本の情報が入ったら、速攻で日記のネタにしたいと思います。

第3位 「xna 当たり判定」 検索数:8
第5位の「XNA コリジョン」と区別するべきかどうか迷いましたが、別々のキーワードとして扱うことにしました。
当たり判定の検索では、他にも「当り判定」や「あたり判定」などがあったのですが、合計すると結構なカウント数になります。
色々なパターンの当たり判定に関する情報が求められているのかもしれません。

第2位 「XNA Game Studioで始めるゲームプログラミング」 検索数:8
6月某日に発売になった日本人著者によるXNA本です。
レビュー記事を探すためのキーワードだったのだと思います。

第1位 「XNA」 検索数:108
圧倒的に多かったキーワードで、堂々の1位です。
オールレンジにXNAの情報を探す事ができ、定番のXNA情報サイトは1ページ目に来ます。
今後もXNAの情報探しをする時は、まず「XNA」で検索するのが最良だと思われます。

以上、XNAキーワード検索ランキングでした。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。