スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:対戦前の設定画面

2008年10月08日
今までは、制限時間と制限ポイント数をオプション画面で行って、マップはランダムに決めるという仕様だったのですが、UI的に使いづらい感じがしたので、専用に新しい画面を作ることにしました。

タイトル画面で「MultiPlay」を選択すると、マップ選択画面に移行します。
対戦するマップや制限時間、制限ポイント数を設定する画面です。
その後、プレイヤーエントリー画面で参加するプレイヤー待ちを行った後にゲーム開始という画面の流れにすることにしました。

とりあえず、マップ選択画面の機能部分のコードは完了したので、後は文字配置の位置調整とか、マップのプレビュー画面の位置の微調整など、細かい調整で完了です。

ゲーム中の事も大事なのですが、その他の画面の使い易さもゲームの完成度に関わってくるので試行錯誤で何回も作り直ししてます。
360ゲームパッド専用という仕様にしてしまえば、もはやオプション画面が必要無くなってしまいました(汁 オプション画面は何か他の使用用途が思いついたら再利用したいと思います。



スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。