スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:4Xアンチエイリアシング

2008年10月29日
XACTの研究の最中な上に今更なのですが、XBOX360ハードウェアの特徴でもある「4Xアンチエイリアシング」をXNA TANKにも使うことにしました。
今まではPC上でデバッグする事が多かったので、アンチエイリアシングが使えないヘボPCのために使っていませんでした。

最近悩みの種(例の8回繰り返しで落ち)が解消された事もあり、360側でデバッグする事が多くなったので
「せっかくだから、俺はこっちの4Xアンチエイリアシングを使うぜ」
という事になったわけであります。

コードはものの数分で書けました。
どれぐらい画面に差が出ているか確認しようと思い、アンチエイリアシング無しと在りでプレイしてみたところ、タンクの砲身のピクセルにその効果が目立って現れていて、アンチエイリアシング無しでははっきりとジャギーが見えたのですが、4Xアンチエイリアシングでは全くと言っていいほどジャギーが見えず、改めてアンチエイリアシングの効果を実感しました。
やはり、ある程度長い直線的な部分のあるモデルに対して、威力を発揮するようです。
柱などの建築構造物にも効果的だと思われます。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。