スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月1日~10月31日分 アクセス解析結果

2008年11月22日
危うく今月も忘れるところでした(汁
毎月行っている「XNA関連検索キーワードランキング」の集計結果をお知らせいたします。

***もはや定型文***
キーワード検索のTop5を記載しようと思いますが、「XNA」や「xna」などの大文字小文字の違いも別々のキーワードとしてカウントしているので、その辺は上位だけ記載します。
それでは、5位から順番に書いていきます。
***文型定やはも***

5位 xna ビルボード 検索数:7
ビルボードは3Dゲームの初期からよく使われていた手法です。
ハードウェアの性能が桁違いに向上している現在でも、結構使われていたりします。
最近のビルボードの使い方で驚きを感じたのは「ザ・エルダースクロール4 オブリビオン」のワールドに配置されている木々です。
すべての枝と、そこからまた伸びている枝や葉が全てビルボードです。
枚数で言うと、木一本当りに100枚ぐらいのビルボードを使っているような感じで、とてもボリュームのある木を表現しています。
単体のビルボードでは表現的に用途が限られますが、物凄い数のビルボードを密集させることでリアリティーを生み出せる効果的な手法です。

4位 XNA Game Studioではじめるゲームプログラミング 検索数:8
I/OBooksから出た本だったと思います。
最近、I/OBooksからXNA本が立て続けに出ています。XNA戦士としては、今後も期待の出版社です。

3位 XNA 当たり判定、XNA ノミネート 検索数:9
当り判定に悩む人と、先月行われた第2回コンテストの結果発表を待ち遠しくしている方々の数が一致したのだと思われます。
私も当り判定には昔相当悩まされましたが、最近では、BOXコリジョンと円コリジョンしか使わなくなりました。複雑な地形とか使うようになったら、Ray判定を使うようになるかもしれません。
コンテストの方は、今回もトライデントコンピュータ学院の学生さんがハイレベルな作品をリリースされていました。

2位 XNA3.0 検索数:15
ついこの前正式にリリースされたXNA3.0です。
NEXアップデートと同時にコミュニティーの審査を通過したゲームの販売が開始されたようです。(北米とかヨーロッパ地方だけ)
日本では、来年の前半から日本語版のクリエイターズクラブが開始されるそうですが、それまでにXNA TANKが納得の仕上がりになるかどうか、、、そろそろ時間との勝負になってきた感じがしてきました(汁

1位 XNA 検索数:138
今月も堂々の1位です。おそらく今後もずっと1位の座を独占すると思われます。
願わくば「XNA奮闘記」「XNA TANK」が1位になってほ、、うわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp;@


スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。