スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:追尾カメラ搭載完了

2008年12月02日
やっとこさ追尾カメラの実装ができました(汁
色々な方法を考えたり試したりした結果、結局はコミュニティーゲームズのChaseCameraSampleを参考に実装しました。

カメラの動きに味をつけるための実装なので動いている動画をアップしたいのですが、動画撮影の環境が貧弱で、まともな動画がなかなか作れません、、、
以前に作った動画は「ディスプレイキャプチャー あれ 」でアクティブウィンドウをキャプチャーした動画だったのですが、やはりソフトウェアキャプチャーではフレーム数が出てくれなくてカクカクした観づらい動画になってしまいます。
ケータイの動画撮影機能でPCの画面を撮影するというアナログ的な方法も一回やってみた事があるのですが、ケータイ片手にタンクを操作するのは少し無理があります。

ソフトウェアキャプチャーしている方は、どんな工夫で画質・フレーム数を上げているのか非常に気になるところです。
スポンサーサイト
Comment
Not Subject
こんにちは~。私もソフトウェアキャプチャーですが、なかなか思いどおりの結果が得られなくていろいろ工夫しています。DirectX系のキャプチャーはFrapsがかなり高機能です。撮影中もそれほどコマ落ちしないし、コマ落ちしていてもちゃんと撮れてるっぽいです。
他にもいろんなソフトがあるので試していますが、今のところ一番安定した結果が得られています。
ただ、Frapsは独自の圧縮フォーマットのようで、そのままのデータではYouTubeなどにアップしても再生できないようです。取り込んだ動画を一度他の(一般的な)圧縮フォーマットに変換すればOKっぽいです。
あと、未レジスト版だと30秒の制限があります。
Not Subject
>かるがもさん
毎度おおきにです^^
Frapsを早速DLしてみました。
ちょうどセカンドライフを起動させていたので、試しに録画してみたら、ソフトウェアキャプチャとは思えないぐらいのフレームレートがでました。
シェアウェアだそうですが、レジストしなくても30秒録画できる&Fraps.comのロゴが入る程度で、使い方も簡単で楽でした。
私がDLした最新版は、録画が終了した後に、自動でAVI形式に変換していました。
これならYouTubeにアップロードするのも手間がかからなくて良い感じです^^

よくよく考えると、かるがもさんの動画には「Fraps.com」のロゴが入ってましたね。もっと早く感づくべきでした(汁

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。