スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:HUD周りのプログラム大改装

2008年12月20日
画面にスプライトで表示していた「照準」のスプライトなのですが、今までは「まあこの辺やろ」といういい加減な位置に固定で書いていました。
しかしながら、カメラワークを追尾タイプにしたので照準の位置が不自然に見えてしまいます。
これは美しくありません。修正の必要があります。

ということで、「画面の中央辺りに描画」ではなく「タンクの前方1000.0fの位置に描画」という感じでViweport.Projectメソッドで3D座標→2D座標に変換して、不自然でない正しい位置に描画しました。
その際にHUD描画周りのタスク処理のプログラムが仕様上問題があることに気づき、その部分のコードもかなり大きく書き換えました。

一難去ってまた一難、今度はゲーム中からタイトル画面に戻った時に、タイトル画面に描画しているモデルの前後関係が狂っているが発覚。レンダーステート関係のコードミスだと思います。

まだまだやるべき作業も多く残っていて(ほとんどがモデル製作とかのリソース関係です)先はまだまだ長いという感じです。

毎度おなじみですが、ヌメヌメと作業を続けていこうと思います。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。