スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月1日~1月31日分 アクセス解析結果

2009年02月25日
今月は28日までなので、すでに月末となっています。またしてもアクセス解析結果レポートを忘れるところでした(汁
毎月月末になると思い出すので、「月末にしたら?」という神からの啓示でしょうか?w

***もはや定型文***
キーワード検索のTop5を記載しようと思いますが、「XNA」や「xna」などの大文字小文字の違いも別々のキーワードとしてカウントしているので、その辺は上位だけ記載します。
それでは、5位から順番に書いていきます。
***文型定やはも***

第5位:「XNA 本」 検索数:5
和書のXNA解説本も結構数がでてきました。
発行されている本の数が増えれば、どの本が自分にとって一番イイのか調べる必要が出てくると思います。
専門書は高いので、その分購入前の下調べも重要度が高くなります。

第4位:「XNA アニメーション」 検索数:7
XNAで3Dモデルをアニメーションさせたいと思う方は多いと思います。
一言で「アニメーション」と言っても、モーションブレンドとか、IKがどうのこうのとか、色々と調べる必要があると思います。
XNA TANKではアニメーションする3Dモデルは一切使わない方針で製作しているので、2作目以降に勉強して使ってみたいなと思います。

第3位:「XNA3.0」 検索数:8
殆どの方はすでに3.0に制作環境を移行していると思います。
3.0で追加された新機能や、変更のあったメソッドに関するドキュメントは必読です。
最近、3.0のヘルプリファレンスの日本語版がリリースされたので、この辺りのドキュメントも読みやすくなったと思います。

第2位:「XNA 当たり判定」 検索数:17
当たり判定の処理は、「当たったか?」の判定は簡単なのですが、その後の処理はプログラマーの自由なので、「どうやるのが一般的なのか?」と疑問に思う方も多いと思います。
XNA TANKの場合は当初「当たったら跳ね返る」的な処理をするつもりだったのですが、反射角の計算やらなんやらが面倒だったので、最終的には
「当たったら移動前の位置に戻す(動かなかったことにする」
という処理にしました。相当手抜きしたと思っています。反省はしていません(汁

第1位:「XNA」 検索数:141
不動の1位である「XNA」です。
ちなみに、Googleで検索すると、1ページ目のギリギリ最後の方に「XNA奮闘記」が出てきます^^

以上、2009年1月分の検索キーワードランキングでした。

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。