スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:弾の発射テスト

2007年02月25日

早速に弾クラスを書いて、自機に弾を発射させてみました。
見えにくいと思いますが、自機が弾撃ってます。
一応、マップの範囲外から出ると弾は自然消滅するようにしています。

XNA:弾の発射テスト1

弾が出たということは、次は着弾エフェクトです。
単純に円形のモデルを使って、拡大と透明度上げで作ろうと思ってます。
初期のプレステ1のゲームで良く使われていた手法です。「メタルジャケット」というゲームでたしか使われてた覚えがあります。
余談ですが、当時メタルジャケットは初の通信ケーブルを用いたロボットアクションゲームだったのですが、速攻で友人と二人で通信対戦をやってました。(後にアーマードコアも発売初日に通信ケーブル対戦してたり)

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。