スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:当たり判定

2007年03月25日

弾の発射と爆発エフェクトも実装し終わって、次は当たり判定を入れてみました。
敵となるもう一台のタンクを載せて、自機対敵の当たり判定をやったのですが、ここでもXNAの凄さを実感。
コリジョンは球で判定しようと決めていたのですが、XNAにはコリジョン用の型があります。
BoundingSphere型は、球の位置を示すCenterと、球の半径を示すRadiusを持っています。
判定はIntersectsを使ってターゲットとなるBoundingSphereと判定を行い、接触していれはTrueを返すといった感じです。

簡単すぎてすぐに仕上がりました。XNA恐るべし

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。