スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA:PC⇔XBOX360間の通信成功

2010年07月10日
今しがた「プレイヤーエントリー画面」での通信同期に成功しました。
XNA_20100710←上の画面は360のTV画面。下はデバック起動中のPC画面です。

サーバー側だけ更新されてクライアント側のデータが更新されてないとか、2P(クライアント側)だけ同期が取れて1Pが無反応とか、謎の現象に悩まされてましたが、ほとんどは通信関係の問題ではなくてキー入力関係の問題でした。

現行のタンクは「コントローラー1」とか「コントローラー2」という具合に、プレイヤーをコントローラーの番号で識別していましたが、ネットワークではそうはいきません。
ネットワーク上では「コントローラー1」ではなく「リモートプレイヤー1」なのです。
今のキー入力関係の処理を「それ」に合うようにするために、かなり四苦八苦しました。
既存のコードはそのままにラッパーでデータ変換する方法で「書き直し」では無く「コードの追加」で処理しようとしてましたが、結局はキー入力関係のコードを書き換える事になりました。

しかしながら「とりあえず同期できた」という状態なので、無用な変数やコードが無数に増えてしまいました(汁
それに、システムリンクでの動作しか書いてないので、ローカル状態の通信関係はまだ手をつけてません。
ローカルもシステムリンクもXBOXLiveも、通信のためのコードは変わらないと思うので、サッと片付けてしまいたいところです。

問題の種が一つ減ったのでコーラで祝杯をあげつつ、録画していたプリキュアを見ながらプリキュアパンでも食って寝ようと思います。

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。