FC2ブログ

XNA:スプライトフォント

2007年06月16日
遅ればせながら、スプライトフォントのサンプルソースを熟読して実行してみました。
今までは、ユーザーが作成したフォントクラスを使っていたのですが、フォント用の画像を自前で用意しなければならないなど、少し手間のかかる代物でした。
新バージョンのXNAでは、フォントデータはXMLで指定したフォント、サイズ、タイプ(太文字とか斜めとか)の情報を元に、Windowsのフォントファイルから自動で生成してくれます。
こりゃ非常に楽です。

と、HDDの復旧から久しくXNAの研究をしていなかったのですが、今回はここまで。
次は360ゲームパッドを使ったテストプログラムをやってみようと思います。
スポンサーサイト



Comment

管理者のみに表示