スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XNA情報:GDC2008 XBOX Live コミュニティーゲームズ アナウンス

2008年02月21日
XNAのリリース前から言われていた、「作ったゲームをXBOX Liveで配布」という構想が近いうちに現実になります。

「XBOX Live コミュニティーゲームズ」と名づけられたこのサービスは、XNAクリエイターズクラブ会員が同サービスに作品をアップロードして他の会員にプレイ・評価してもらい、一定の評価に達した作品はXBOX Liveマーケットプレースで配布出来るそうです。

今回発表のあったXBOX Live コミュニティーゲームズの特徴は、クリエイターズクラブ会員から一定の評価を受けたゲームは360上で誰でも(クリエイターズクラブ会員でなくても)ダウンロードしてプレイが出来る点です。
詳細不明ですが、ゲームを登録する際に有料・無料を選択できるらしく、クリエイターは配布するゲームを有料にすることで収入を得る事が出来るらしいです。

XBOX Live コミュニティーゲームのサービスインは2008年のホリデーシーズンとあるので、おそらく年末辺りだと思われます。βテストが春頃に行われるらしいです。
また先陣を切るように、XNA2.0製ゲームがマーケットプレイスで7本配信されるそうです。
北米市場向けらしく、日本でも配信されるかは謎です。本日から2月24日の17時まで(予定)ダウンロードできるようです。
プレイできる期間が決まっているらしく、本日から3月10日午前4時まで(予定)となっています。期間限定なので、興味のある方はお早めに~

コンシューマーゲーム機でこういったサービスを行うのはゲーム機至上初だそうで、今後XNA製のゲームから超ヒットキラータイトルが生まれるかもしれませんね。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
XNAのリリース前から言われていた、「作ったゲームをXBOX Liveで配布」という構想が近いうちに現実になります。「XBOX Live コミュニティーゲームズ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。