スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

2009年12月31日
大晦日です。
今年も一年XNA奮闘記を観覧していただきまして、ありがとうございました。
今年度は「DESTRUCTION TANK」をリリースすることができた記念すべき年となり、また来年度に向けて謎の作業をヌメヌメとしていた年でもありました。

12月に出していたバグフィックス版のパッケージが「時間切れ(一ヶ月)」で却下になったのは痛かったですが、追加の修正(スペルミスなど)を含めた再バグフィックス版を年明け早々にピアレビューにアップしようと思っています。

それでは皆様、よいお年を~

50000PVありがとうございます

2009年08月15日
今日50000PVを達成できました。
XNA奮闘記を見に来てくださった方々、ありがとうございます。

今後も地味にヌメヌメですが、ジワジワとやっていこうと思っていますので、宜しくお願いいたします。

機動歩兵隊に入隊して生きて帰れると思うな!

2009年08月07日
any Controller対応の作業が大分進みましたが、かなり疲れもでてきました。

私が作業に疲れた時にする事は大体

・寝る
・メイキングビデオ(HALO3など)を観る
・DVD(映画など)を観る

なのですが、今日は「DVDを観る」でした。
こういう時に見る映画はいつも決まって

スターシップ・トゥルーパーズ
です。
ワープドライブのある凄い時代に、何故か歩兵隊が最前線で
敵の惑星まで、わざわざ乗り込んで
人間より数倍デカイ蟲相手に、鉛弾を食らわせまくるイカした映画です。

少し前に映画で3が解禁になったようですが、近所に上映している映画館が無かったのでまだ観ていません。

この映画を観ていると、自分も機動歩兵隊に入隊したくなってくるから不思議です。
指揮が高まり、気合が沸いてきます(誰が指揮してるんだろう?)

映画の中の敵は「バグズ(蟲ども)」なのですが、私の敵はバグ(プログラム上の)です。
鋭気を養ったところで、もうひと頑張り作業してきます。

Quake3 Arenaにハマっています

2009年04月07日
以前、Steamで「idのソフト半額セール」というのが期間限定でやっていた時に、Quakeセットを購入したのですが、当初の目的はQuake1だったので、そっちばかりやっていました。
Quake1→MissonPac1→MissionPac2→Quake2→MissonPac1→MissonPac2
という具合に、シリーズを最初から順番にプレイしていたのですが、Quake3に入ってからゲームのスピードについていけなくて、しばらく放置状態でした。

最近、ブラウザ上でプレイできる「Quake Live」のオープンβテストが始まったので、せっかくだから登録してやってみることに。
Quake3をベースにしてリメイクされているので、案の定スピードについていけず、なかなかポイントがとれません。Kill率は0.65ぐらいで、100回殺されて65回相手を倒せるというぐらいのレートです。
Quake Liveはまだ安定していないせいか、PankBasterBが勝手に私をキックするので、プレイ事態も運がよくないと最後までプレイできない始末です。

そこで蘇ったのが元祖Quake3Arenaです。
各ステージを、「I Can Win」(イージー)から初めて、今はHard Core(ハードコア)レベルでプレイしています。なんとかスピード感には慣れてきたようで、少しは勝てるようになってきました。
問題はこの上のレベル「ナイトメア」です。想像するだけで勝てる気がしません。なんせナイトメアですから。

ハードコアレベルを全部クリアできたころに、Quake Liveも日本サーバーが立ってるだろうから、しばらくはQuake3の超反応Bot相手に訓練をしておきたいと思います。

FarCry2購入

2009年02月11日
先日、Amazonで注文していた「FarCry2」が届きました。
発売前から狙っていたのですが、貧乏生活全開だったので指を咥えて発売日を見逃すことに、、
で、こないだAmazonでFarcry2の値段を見てみると、、、

と、、、ジワジワと値を下げ続け、ついには50%OFFになっていました。(数日だけ51%OFFまでいってました)
同時期に超大作「FallOut3」が出たのもあり、Amazonには大量に在庫が残ってしまったようです。
初回限定特典が未だに残っている様子から、かなり初回分の在庫が残っているのだと思います。

3時間ほどプレイした感想なのですが、結構シビアな感じです。
・画面に銃の照準(クロスヘア)が無い
 狙って撃つ時は銃身で狙うような視点に切り替わります。

・マラリアの脅威
 主人公はゲームが始まって早々、マラリアでぶっ倒れます。ゲーム中に薬が手に入るのですが、無くなると「薬を得るためのクエストを早くやらないといけない」ことに。

・道路の要所要所に監視所があり、問答無用で攻撃してきます
 監視所を制圧して安全を確保した後でも、しばらく経ってから同じところに行くと敵さんが復活しています。当然襲われます

・仲間(バディ)が救援可能な時は、プレイヤーが倒された時に安全な所まで運んでくれます
 しかしながら戦闘は継続中なので、急いで回復注射をしてバディと一緒にその場を制圧しなくてはいけません。またバディも倒される時があるので、自分の持っている回復注射で治療してあげないといけません。(回復と間違ってトリガーボタンを押してしまい、1人バディを殺してしまいました、、、)

・武器の購入時はダイヤで取引
 FarCry2の世界では札束に価値はありません。全てはダイヤ(の原石)で取引が行われています。ミッションの報酬や、各地に隠されているダイヤを集めて武器を買ったり、アップグレードしたりします。

・拾い物の武器はよく壊れる
 拾い物の銃は粗悪品が多く、手入れもされずに錆びまくっています。当然動作不良をおこし、排莢されずに引っかかってしまう「ジャム」が度々起こります。
挙句の果てには、撃ったとたんに銃身が爆発して壊れてしまうものまであります。

FarCry2は過酷な世界を体験できる緊張感のあるゲームです。私は特に夜間に敵の集落を襲うタイプです、、、、ハァハァ

Live対戦では、マップエディターで自作したマップで対戦できたりもします。
マップエディターは結構優秀なUIらしいので、マップエディターを作る時が来たら参考にしようと思います。

 

病み上がりの1000キル

2009年02月10日
風邪もすっかり治り、XNA TANKの事を考え(ほったらかし?)つつ、パーフェクトダークゼロの実績解除に勤しんでいます。
昨日は「Dark OPSを100プレイする」が解除されました。

ちょうど今さっき、「10分だけ遊ぶか」と思ってルール「キルカウント」(いわゆるデスマッチです)でBot相手に鉛弾を撃ち込んでいたわけなのですが。

♪「1000キル(キルカウント)」と表示がでてきました。
やっとこさ1000キルできました。長い戦いでした、、、、
ちなみに、1000キルの実績解除で得られるゲーマースコアは30点です(汁

現在、パーフェクトダークゼロでの実績解除は29/50個、スコアは455です。
2007年の6月12日にXBOX360と一緒に購入したのですが、実に1年半の時間がかかっています。

マ・クベ大佐風に
「考えてもみたまえ、私が29個の実績を解除するのにかかった時間を。パーフェクトダークゼロは、まだ2年は戦える」

さてと、、、XNA TANKの作業をはよやらんと、、、、

風邪とヘッドショット

2009年02月03日
風邪を引いていました。先週の木曜ぐらいから喉が痛み出し、週末には地味な熱と倦怠感といった具合です。

今でも地味にプレイし続けている「パーフェクトダークゼロ」ですが、熱が下がって楽になった時に久々にローカル対戦(Bot相手)をしていました。
で、対戦が終わった時に、ひょこっと 「実績解除:1000キル(ヘッドショット)」

「あ~ 俺って1000人もヘッドショット当てたんだな~」と遠い目をしてしまいました。
Liveより、ローカルマッチでBot相手にプレイする事の方が多いので、ヘッドショットの犠牲者の多くはBotのはずです(汁

パーフェクトダークの実績はトータルで50個あるのですが、現在26個解除しています。
もうそろそろ「1000キル(キルカウント)」が出てきてもいいような気がするのですが、、、、先に1000ヘッドショットが出てきたので、何か違和感があります。

賀正新年

2009年01月01日
あけましておめでとうございます。
2009年もXNA奮闘記をよろしくお願いいたします。

今年前半の内に、日本でもコミュニティーゲームスが開始される予定ですが、詳細な時期が未だ不明なので、いつ始まるのかとドキドキモノです(汁
XNA TANKの製作は順調で、年末の忘年会で野郎7人が集まる怪しい鍋会で披露してきました。
せっかく人が集まるのだから、、、、と思って急遽4分割画面の4人同時プレイを実装しました。
バグが発見されるたびに、笑いと「これはマズイw」的なご意見を大量にもらい、製作者である私は、
「今度までに直しときます(汁」的謝罪連発で、額から怪しい汁を流しておりましたw

一応、プレイしている最中の動画をケータイのカメラで撮影していたのですが、撮影画質の解像度の設定を最小にしていたために、恐ろしく劣悪な画質になってしましました(汁
一応動画はYouTubeにアップしようとは思っているのですが、何がなんだかわからない動画と化しているので、あまり期待はしないでください(汁
フォローに画面のスクリーンショットを撮っておきます、、、、

今年も皆様、よい一年でありますように。

id software と、Quakeシリーズ

2008年09月10日
先週、久々にSteamを立ち上げたら、id softwareのゲームが50%OFF!!という広告が出ていて、前々からほしかったQuake(初代)が9.95ドルから半額になっていました。
せっかくだから、これを期に買うぜと思ったら、Quakeシリーズ(4だけ無し、追加シナリオは込み)のセットが14.95ドルだったので、5秒悩んだ末にこっちの方を買いました。
早速今更ながら未経験のQuake1からプレイ。ファーストリリースは1996年だったはずなので、実に12年前のゲームです。
しかしながら、12年の年月をまったく感じさせない素晴らしいゲームで、スピーディかつ凄まじい緊張感を味わう事ができました。
GLQuakeはまだ手を出してないのですが、ソフトウェアレンダリングの画像も味があってイイですね。
当時の私のPCでは絶対無理だったであろうXGA解像度でプレイしましたw

結局Quakeにハマりこんでしまい、今日ラスボス撃破しました。
倒し方が判らずに、最後だけWebの情報を拝借しましたけどww

いやはや、良作は何年経っても良作なんですね。

7月1日~7月31日分 アクセス解析結果

2008年08月06日
先月から突如として始めましたアクセス解析結果の7月分です。
先月と同じ要領でランキングします。


キーワード検索のTop5を記載しようと思いますが、「XNA」や「xna」などの大文字小文字の違いも別々のキーワードとしてカウントしているので、その辺は上位だけ記載します。
検索カウントが同じ同位のキーワードに関しては、管理画面に記載されている順位(おそらく先に検索されたキーワードが上位)に従って記載します。
それでは、5位から順番に書いていきます。

第5位 「Microsoft XNA3Dゲーム制作入門」 検索数:6
I/O出版から出ているXNA本です。
現在XNA関係の和書では最新の本です。

第4位 「xna robot game」 検索数:7
先月リリースされたミニゲーム「Robot Game」ですが、プレミアムアカウント専用コンテンツでした。
事前に公開されていたスクリーンショットのインパクトも大きかったのだと思います。

第3位 「XNA3.0」 検索数:8
おそらく年末にリリースされると思われる3.0の情報探しが活発化しているようです。
3.0はマイクロソフトのポータブルメディアプレイヤー「Zune」に対応していますが、日本国内では販売されていないのが残念です。

第2位 「XNA あたり判定」 検索数:17
先月の3位から2位に浮上です。
当り判定には色々と種類がありますが、BoundingBox構造体やBoundingSphere構造体などの「Bounding系」構造体のメンバ「Intersects」メソッドで簡単に行えるのがXNAの便利な所でもあります。

第1位 「XNA」 検索数:230
今月も「XNA」での検索が圧倒的数値で1位です。
「xna」などの小文字検索も200近く有り、トータルすると400を超えています。

以上、2008年7月分のXNAキーワード検索ランキングでした。
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。